12月
23

医師の求人に困っているよう。

By · Comments コメントは受け付けていません。

身内に病院関係者がいるのですが、医師の求人に関して時々話していることがあります。病院になかなか医師が集まらなくて、困っているみたい。医師が居ないと病院が成り立たないですよね。診療科目をいくつもあげていても、担当医師がいないと診察できないし。外来と入院両方を見ていくわけですから、当直なども考えるとそれなりの人数が必要なわけで。医師の人数が少ないと、そのぶん一人当たりの負担も増えて忙しくなる。そうすれば辞めたいと思う医師も出てくるし、求人を募ってもそんな実態をみれば働きに来ようとする人もいないわけです。大学の医局にに頼んで、最低限はなんとかこなしているといった感じみたい。これで経営改善しろなんて難しいですよね。
もし自分が医師なら、やはり高待遇なところを考えると思いますから。医師としてのやりがいや責任感に頼ってばかりいては、これからはなりたたないですよね。あまりにも高額な報酬を支払うのはどうかと思いますが、責任もある大切な仕事です。仕事に見合った診療報酬を、まず国が決めるべきだと思いました。それなりの診療報酬が得られれば、病院も医師を雇いやすくなるし医師以外の職員も待遇がよくなるのでは?リスクの少ない、楽な仕事にばかり医師が流れていってしまっては、必要な治療ができなくて困る人も多くなると思います。自分だって、いつ病院のお世話になるか解らない。救急車でたらいまわしにされて手遅れになったなんてことになったらいたたまれません。

Comments コメントは受け付けていません。
11月
23

医師の求人チェックも欠かさない友だちの旦那様

By · Comments コメントは受け付けていません。

私は最近病院でお世話になることが多いですが、病院で先生の姿を見ていると家庭ではどのような生活をしているのだろうかとすごく気になってしまうのです。それはなぜかと言いますと人の命にかかわる大変な仕事だからです。やはりそのような仕事をしている人たちが家庭でいろんな問題を抱えているようでは仕事が集中して出来なくなってしまうのではないかと思うからです。とくにオぺを行う先生方にはより良い環境で生活していただきたいと願うものです。この仕事だけには限りませんが、どこの職場でも大変な仕事を受け持っている人たちはいつでも仕事の事を第一に考えるような環境にいないとよい仕事は出来ないと思うのです。仕事が大変なのに家のごたごたに巻き込まれてしまったら集中力に欠けるからです。
私の友達は医師と結婚しています。彼はとても腕が良く、オペも頻繁に行っている有名な先生です。家では雑誌などに求人が載っていると必ずどこの病院で募集をしているのかとチェックを入れているそうです。それはどこの病院でどのような役割の人を募集しているのか知るためだと言っていますが、それだけ仕事の事に関して熱心な人なのだと私は感心してしまいます。そんな旦那さまをもつ友だちは普通に生活していると言いますが喧嘩はなるべくしないように心掛けていると言っています。そして私が話を聞いて面白いと思った事は、夫婦喧嘩は月に1回と決めていると言う事です。月に1回と言ってもオペなどがない日で、仕事の休みの日にするというのです。日にちを決めて喧嘩をするという事はなかなか難しいことだと思いますが、このような職業をしている人たちには夫婦のルールを決めておくことも必要なのだと言う事を感じています。そんな彼女たちは喧嘩のルールは決めてあるものの、激しい喧嘩は今までに一度もないそうです。

Comments コメントは受け付けていません。
10月
23

医師の求人について思うこと

By · Comments コメントは受け付けていません。

私の祖父は医師でした。もう80歳を過ぎているので、現在は引退していますが、医師だった頃はとても優秀で、アフリカ行きの船の船医をしていたころもあったと聞きました。そういう祖父をとても尊敬し、憧れていた私は、中学生のころ、祖父の影響で医師を目指していたことがあります。そのことを祖父に伝えたところ、賛成されるどころか、とても反対され驚いたのを覚えています。てっきり、後継ぎができると喜んでくれると思っていたので、これには本当にびっくりしました。
それには、祖父なりの理由があったのですが、その理由というのは、「医師になるということは、人の死に慣れるということでもある。おまえにはそうなってほしくない。」、ということでした。きっと、医師として最前線で活躍していた祖父は、医師が抱える悩みを教えてくれたのだと思います。人の命を預かる仕事ですから、きれいごとばかりを言ってはいられない、という現実を私に伝えたかったのでしょう。また、人を助けたいという強い使命感を持った人にしか医師にはなるべきではないことも教えてくれました。
現在、時々医師の求人案内を見ることがありますが、そのたびに、いったいどれくらいの人が、医師になってから引退するまで、人を助けるという使命感を持って働いている人がいるのだろうか、と考えます。ドラマの影響かもしれませんが、中には儲けや自分のステータスのために働いている医師もいるのではないかと思うことがあります。ですから、患者を助けたいという強い使命感を持つ人が雇われるといいな、と思っています。自分や家族が病気になったときは、どんなに小さな病院の医師でもいいから、患者のことを真っ先に考えて行動してくれる人に巡り合いたいですからね。

Comments コメントは受け付けていません。
9月
23

産婦人科の医師の求人について考える

By · Comments コメントは受け付けていません。

産婦人科に通院している方が特に気にされることはプライバシーに気をつけてほしい、という事ではないでしょうか。婦人科の通院で「気になること」として、プライバシーの問題をあげる人は多いかと思います。ですから、産婦人科の医師の求人をするときは、プライバシーを守れる医師がいいですね。施設重視、治療の効率などが優先されて、患者のプライバシーは二の次になっている病院も中にはあるようです。確かに通院するには施設の美しさや立地の良さなども重要です。しかし、精神的にダメージがあるような病院は注意したいものです。小さな声で自分の症状を言うと、大きな声で復唱したり、女性の方だったのに、何の気遣いもしてもらえず、恥ずかしくて辛い思いをしたなんてこともあるようです。こういった精神的ダメージがあると、病院がいくらきれいで施設がよくても、通院自体拒否してしまいかねません。医師の求人をだし、採用するときは病院側は医師の態度もちゃんと見ておいてほしいですね。
なかには女性の悩みだけに、通院するのであれば女医さんがいいという人もいます。しかし病院そのものはとてもよいのですが、女医のやっている産婦人科を探していて、雑誌などによく載っている産婦人科に行ったところ、診察室に何人も患者を入れ、その人たちのいる中で診察されてしまい、とても不快な思いをしたなんてこともあるようです。患者さんの通院ライフを不愉快なものにしないためにも、病院側のプライバシーを守れる医師の求人は大事ですね。

Comments コメントは受け付けていません。
8月
23

インターネットで、医師の求人は探せるか?

By · Comments コメントは受け付けていません。

昨今ではインターネットというツールが大衆化してきた、と言われ始めています。一般的に機械に弱いとされてきた主婦や子どもたちも、スマートフォンやタブレット型パソコン等を用いて、気軽にインターネットアクセスを楽しんでいる風景が、今では珍しいものでは無くなって来ている、と考えられています。インターネット検索を日常的に活用する社会人も増えていると見られており、ちょっとした調べものから、重要情報のリサーチまで、幅広くネット検索を利用しているケースがあるとされています。今日ではネット検索を使って、お仕事探しをする学生や社会人も少なくないと考えられ始めています。お仕事探しの際に大事とされている給与面、待遇、立地環境、雇用に関する条件を綿密に指定した上で、色々な場所の求人情報に、多角的にアクセスできるネット検索は、社会人の強い味方である、という意見も出てきています。それは一般的な企業に勤められている方々よりも、医師や看護師など、専門的な職種の方々に愛用され始めている、という見方もあるとされています。
医師や看護師の方々は、転職活動や就職活動が、大変である、という意見も少なくないと言われています。デフレ経済、雇用の流動化が進んでいる昨今、スペシャリストである医療分野の求人情報も影響を受けているかもしれません。インターネットなどの手段を効率よく活用することで、自分の思いに合致した医師の求人情報を検索した方が、適切なのかもしれません。有名な検索サイトなどで、「医師求人」等とキーワードを打ち込めば、何らかの情報がヒットする可能性があると見られています。

Comments コメントは受け付けていません。